BLOG

冷える時期におすすめな生姜の使い方

こんにちは。料理研究家/クレイセラピスト 四十万つばさです。

 

10月中旬、暦の上では、秋も晩秋に差し掛かります。

二十四節気でいうと「寒露」

寒露(かんろ)とは?

夜が長くなり、露がつめたく感じられるころ。
朝晩の冷え込みはきつくなりますが、
空気が澄んだ秋晴れの過ごしやすい日が多くなります。

 

この時期、夜空を見上げると、美しくきれいに輝く月が見えますね!

 

空気が澄んで過ごしやすくはなりますが、

 

 ●手足が冷えやすい
 ●夏は、お風呂に入らず、シャワー派
 ●寒い季節は風邪をひきやすい
 ●運動不足
 ●胃腸が弱い
 ●汗をかきにくい

これらに当てはまる方は、いませんか?

 

このブログでは、「冷え」と「生姜」の関係と、生姜のむき方、効能についてご紹介します。 

 

 冷えを感じる場所はどこ?

冷えを感じる場所は、人それぞれです。

感じやすい場所は、以下の4つに分けられるかと思います。

 

【末端】

・手足や末端が冷える

・寒い時に手足から冷えやすい/感じやすい

 

【下半身】

・手は温かいのに、足が冷たい

・上半身に汗をかきやすい

・ふくらはぎ、足先が冷える

 

【内臓】

・お腹全体が冷たい

・手足や身体は温かいけど、おへその下が冷たい

・冷えと同時に、お腹の張りを感じる

 

【全身】

・季節を問わず寒さを感じる

・体温が低い

 

1つでなくても、いくつか当てはまるなら要注意!

 生と加熱と乾燥 生姜の違い

生姜に含まれる辛味成分の2つをご紹介します。

①ジンゲオール(生)

②ショウガオール(加熱)

③カンキョウ(乾燥)

があります。

 

①【ジンゲオール(生の生姜成分)】

免疫活性や殺菌、解熱、解毒作用がある成分。

身体の体温を一気に上げて、発汗作用で、熱を下げてくれます。

要するに、

風邪で熱が高い時や、秋冬に風邪を引いた時におすすめです。

 

ちなみに、空気に触れると3分ほどで酸化します。

すりおろしたら、すぐに使うことが大切です。

 

↓ 加熱すると…

 

②【ショウガオール(加熱後の生姜成分)】

消化器官を刺激して、血流の流れを高めてくれます。

体内で熱を作り出してくれる成分。

つまり、身体を温める効果があります

 

③【乾燥した生姜】

漢方薬に、乾姜(カンキョウ)と呼ばれるものがあります。

乾燥した生姜は、

血液の流れを促し、身体を芯から温めてくれます。

胃腸の弱い人、慢性的な冷えに悩む方におすすめです。

 

続いては、生姜の皮の向き方をご紹介します。

 生姜のむき方3選

生姜をむく方法を、3つご紹介します。

 

①包丁で皮ごと剥く

②包丁(スプーン)の背で皮を剥く

③アルミホイルで皮を剥く

 

①包丁でむく

包丁で皮をむくのは、一般的な方法だと思います。

 

②包丁の背、またはスプーンでむく

包丁で皮をむくよりも、

包丁の背やスプーンむく方が、皮が薄くむけます。

 

ちなみに、

包丁の背でやると初めは、やりづらいと感じるかもしれません。

スプーンでやる方が、簡単ですよ!

 

③アルミホイルでむく

この方法が一番手軽に、

かつ、力が要らない方法かもしれません。

アルミホイルを小さく丸めて、

生姜の皮をこすってむいていきます。

 生姜の皮 むいた方がいい?むかない方がいい?

ショウガオールと、ジンゲオールの効果を取り入れるには、

「皮はむかない」方が、効果はアップします。

 

というのも、どのお野菜も、

皮と実の間に栄養素がたくさん含まれているからです。

せっか身体にいいことをしようとするなら、

素材を丸ごと取り入れるようにしていきたいですね。

 

ちなみに、スーパーでは国産以外のものを見かけることもあります。

しかし、

海外で作られる生姜は、質より長持ちすることを重視しています。

日本で作られるより、

農薬が日本で作られる生姜よりかなり強いと予想されます。

 

できるだけ、国内の生産量をあげるためにも、

国産の生産者さんを応援したいですね!

 まとめ

秋から冬にかけては、本格的に寒さが加速します。

寒いながらも、日々元気に過ごすためにも、

健康的な身体と心の良いコンデションを作りたいものです。

 

その日の気分や体調は、

その時の健康度・心のコンデションに案外左右されるものです。

 

体調管理には、今回お伝えした「生姜の効能」知って、

セルフケアをするということが、とても役立ちます。

 

ぜひ、他のブログの情報もお役立てください^^

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー