BLOG

【夏バテ対策に!】飲む点滴&美容液を冷やして、たっぷり摂ろう!

 

こんにちは。料理研究家/クレイセラピストの四十万つばさです。

夏場によく聞く「飲む点滴」と呼ばれるほど、健康飲料を知ってますか?

そう!
飲むの点滴とは、、、「甘酒」のことなんです。

つばさ
つばさ
この記事は、
・おすすめの「甘酒」
・甘酒のアレンジ方法
・甘酒の作り方
についてご紹介します

 

まずは、甘酒の歴史をおさらい。
甘酒の歴史は奈良時代まで、さかのぼります。

その頃から日本人に親しまれて、
江戸時代には、俳句の”夏の季語”ともなったと、
言われています。

 

夏は甘酒が、
冬は味噌汁が、
栄養補給源として重宝されたってわけですね。

そんな甘酒は、美肌にも、ダイエットにも、便秘にも、

抱えている様々な不調や美肌には、
とてもよい働きをしてくれます。

 

酒かすを使っていない、
「米麹」で作られたものでしたら、
”赤ちゃん、妊婦さん、授乳中”でも飲めるので安心ですね♡

(余談ですが、授乳中は甘酒飲んでると、
おっぱいわんさか出ます笑
甘酒の成分である穀物をしっかり補給してると、
血液(おっぱいの成分)の巡りが良くなるからなんですよね)

 

つばさ
つばさ
さあ、ここから!詳しく見ていきましょう!

甘酒の作り方&材料


材料(できあがり約750g

———————-
米麹(生)  350g
白米     2合

 

調理道具
———————-
炊飯器
しゃもじ
温度計
布巾、タオル

【作り方】
ご紹介したいところですが、最近めっきり作ってないので写真がない。
(美味しいの買って起業応援してます 笑)

写真付きの方がわかりやすいので、作りたい方は、
こちらのサイトをご覧ください。👇
http://marumikouji.jp/recipe/amazaketsukuri/

甘酒のアレンジ方法

*温めてホット甘酒に。(ホットミルク的使い方、寝る前におすすめ)
*お好みのオイル+醤油+甘酒でドレッシングに。
*冷やして夏場の水分補給に。
*甘酒+バナナ+豆乳でひんやりアイスに。
*料理で砂糖を使う場面を、甘酒にチェンジ!

使い方やバリエーションが実は豊富。
砂糖を使うものの、

代用として使えるってわけです^^

つばさ
つばさ
ちなみに、
夫の同期のご自宅にお邪魔する際、

”甘酒ケーキ”を持参したときには、

とーーーーーっても喜ばれました♡

「これならいくら食べても罪悪感ないね!」って言ってましたよ(笑)

 

それ以来、
彼女は冷蔵庫の中に”甘酒”を欠かさず入れて、
「甘いものが食べたくなったり、疲れた時に」

必ず摂り入れていて、
お肌の調子も良くなったそうです♡

 

と、ここまでは①作り方 と ②アレンジ方法 のご紹介をしてきました。

つばさ
つばさ
が、今や作る暇がなく忙しい!!!
でも、身体にいいものは取り入れたい!と思いませんか?

そんなあなたに、市販のものでおすすめの甘酒があります。

それは・・・

おすすめの甘酒


ここ最近購入したもので、

超絶美味しくて、
一口で満足度高かった!

「奇跡の甘酒(玄米)」 300gです。

こちらは濃度が高い!!
がつがつ飲む感じではないですね。

 

胡麻和えの素に使ったり、
夏にはアイスにしたりすると、
白砂糖たっぷりのものより、健康的かなと思います!!

つばさ
つばさ
ここからは
奇跡の甘酒のこだわりを、ご紹介!

究極のおいしさと安心

「奇跡のりんご」で知られる、木村秋則氏指導のもと、木村式自然栽培によって
岡山県内で生育・収穫したお米(朝日米使用)を使って作った栄養豊富な玄米甘酒です。

木村式自然栽培とは、青森県のりんご農家
木村秋則さんが長年の歳月をかけて完成させた農法です。
農薬を使わず育てることが困難とされるリンゴをその農法で育て、
不可能を可能にしたことにより、
そのりんごは「奇跡のリンゴ」と呼ばれています。

「奇跡のリンゴ」には、植物本来の生命力や美味しさが満ち溢れています。
その木村式自然栽培に感銘を受けた農家が、木村さんの指導を直接仰ぎ、
忠実に栽培を行ったのが「奇跡の甘酒」で使用しているお米です。

農薬不使用というだけでなく、化学肥料・有機肥料も使用しないで
大地の力を最大限に活用して育った作物は、
自然の生命力に満ち溢れ、美味しいだけではなくとても安心です。

購入先はこちら▶HappyNaturalさんのサイト

 

まとめ

 

身体にとても有効です。

甘酒には、

栄養が豊富で、エネルギーのもととなる
ブドウ糖や体を作る必須アミノ酸、体の機能
を整えるビタミンなど、天然の栄養素が
たっぷり含まれていますよ!

 

今年の夏は、
甘酒を冷蔵庫にたっぷりと冷やして、

熱中症にならない対策にもおススメです!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー