BLOG

お米は何食べても同じ?

突然ですが・・・みなさんは、どのようなお米が好きですか?

甘みと粘り気があるお米=美味しいという基準を作っていませんか?

ありとあらゆる品種が出ている中で、何を基準に選ばれますか?
手に入りやすい?値段?放射能検査済み?西日本のもの?肥料や農薬?
これまた人によって、家庭によって考え方はそれぞれかと思います。

まずは、お米の品種を知ろう!

お米の種類どれだけ知ってますか?

コシヒカリ/あきたこまち/ひとめぼれ/ヒノヒカリ/
キヌヒカリ/つや姫/ゆめぴりか/はえぬき/ななつぼし/森のくまさん…

わたしはもともと、ごく普通の家庭に育って、ごく普通の食事でした。
母がモチモチ系のお米が大好きで、毎日コシヒカリの白米をいただいておりました。

しかし、わたしは小さいころからアトピーがひどかったのですよね。
今ほど情報もなく当たり前のようにステロイド剤使って、痒かったら塗り、治ったら塗らないの繰り返し。結局、大人になるまで良くなることもなく、妊娠出産しました。

そして、出産後に出会ったのが”お野菜もお米の丸ごといただく”料理法
お米なら玄米。お野菜なら、皮を剥かないというような料理のスタンス。
ようするに、精白されたものは控えていこうよ!という感じでしょうか。

そっか、玄米は身体に良いから食べよう!(単純すぎ)
よし!スーパーで手に入るのは、コシヒカリだからコシヒカリ玄米食べよう!という何もわかってなかった過去があります。

それからというもの、”お野菜もお米の丸ごといただく”料理法書いていてある、ありとあらゆる本を買っては、独学で本の通りにご飯炊いて、おかず作って・・・それの繰り返しの毎日でした。

その当時のわたしはステロイドも完全にやめて、食事も砂糖を断ち、小麦を断ち、白米も断ちの生活に。
今思えば健康なんだか不健康なんだか、どちらともいえない状態で、「美味しく楽しく!」とは程遠い生活をしていました。

学びを深める毎に”お米の品種を変えると、身体が変わるということを知り、
さらに調べていったらどうやら、お米にはあっさり系(ササニシキ)とモチモチ系(コシヒカリ)が存在するということがわかりました。(コシヒカリとミルキークイーンで育ったから、それすら知らなかった)

気づいてから、行動だけは早いわたしは、お米の品種をコシヒカリからササニシキに変えたら、身体の痒みが嘘のようになくなりました!

というのも、歴史的に見ていると、餅を食するのは「ハレの日」と言われる特別な日だけ。つまり、毎日モチモチ系を味わうのは、身体に負担が来るということ。

コシヒカリ玄米を食べていた頃は、毎日毎食”玄米餅”を食べているのと同じ状態。ご存知の通り、お餅は冬に食べるもの=身体を温めて、冷えないように身体の熱を保持してくれる食べものですよね。(腹持ちだってものすごくいい)

なので、ササニシキに変えた途端、身体のほてりも減り、消化もいくらか良くなっていった気がします。

お米に含まれるモチモチ感や粘り気は、アミロースとアミロペクチンの関係から

”アミロース”が多いお米=粘り気が少ない。炊きあがりがパラパラした仕上がり。代表格じゃ「ササニシキ、亀の尾、旭」

”アミロペクチン”が多いお米=粘り気が強い。炊きあがりに水分が多く、もちもちと弾力がある。代表格は「もち米、コシヒカリ」

~アミロース含量の割合~

ササニシキ・・・・・・・・・20%程度
ヒノヒカリ・・・・・・・・・・・18%程度
日本晴・・・・・・・・・・・・18%程度
コシヒカリ・・・・・・・・・・15%程度
つや姫・・・・・・・・・・・・17%程度
ミルキークイーン・・・10%程度
もち米・・・・・・・・・・・・0%

お米選びで、身体が自然と楽に綺麗になる方法をあなたにも
体感してほしい。

~体感するのに必要なこと~
1、アミロース含量が多い品種を選ぶこと
2、購入する際は、育てられ方、肥料、農薬の使用がどれだけあるか調べること
3、購入するお米の乾燥方法を知ること(自然乾燥で天日?人工乾燥で機械?)
4、頑張って、頑張って、美味しいお米を作り続けている農家さんを応援する意味も込めて、購入すること

1は、調べれば簡単にクリアできることなのでいいとしても、2、3はどうしたらいいでしょう?答えは簡単で、販売元にお問い合わせしてください!HP上でわからなければ、メールで問い合わせしたら、親切に答えて下さいます。

もちろん「実家(義実家)がお米作って送ってくれる」「おばあちゃんが作ってるから」「実家がわざわざ購入して送ってくれる」など、様々なご事情があられると思います。

とーーーーっても、羨ましいです!それはそれで、大事に大事にいただきましょう♪
毎日食べてるお米以外のものも、是非食べてみてください!
是非、美味しいお塩で、お米の食べ比べしてみて、自分の好きーー!を見つけて見てください!

余談ですが、最近ササニシキの親のササシグレを頂きました!
作ってる農家さんが少ないから、とても貴重。

しかし、とても美味しくて美味しくて、ずっと食べても飽きない味。

お米だけで、ずーっと味わっていたい。ぜひ、あなたも美味しいお米と農家さんに出会ってほしいな。

美味しいお米やお野菜を大事に大事に作っている農家さんを応援してほしいな。

ちなみに、\わたしのおススメのお店はこちらです/

私たちには選ぶ権利がある。
美味しいを素直に手に取れる社会が、来るように。
作り手と出会い、体験し、交流し、私たちの手に届くまでの大変さを感じてほしいな。

わたしは、いのちをつないでいく仕事を応援していきたい。

家庭用精米機で、つねに美味しいお米を!

基本はササニシキ玄米を頂いています。でも、玄米毎食は消化の関係もあり多すぎるので、一食のみ。
”お野菜もお米の丸ごといただく”料理法を知ってる方は、玄米毎食が当たり前だったりしますが、咀嚼が出来なければ食べても胃腸で上手く吸収せず栄養素は取り入れられないですよ。

離乳期や幼児期、成長期ほど、まだまだきちんと噛めない時期。
そして、成長期はぐんぐん上に伸びたい時期なのでどっしりとした玄米より、エネルギーに変わりやすい分搗き(ぶつき)米や白米をおススメします。

無理せず取り入れやすいところから、始めるのが一番の美味しい近道です♪

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー