BLOG

4人目の妊娠

梅雨のじめじめとともに、ものすごい暑さが続いてますね(ここは埼玉)

わたくし事ではありますが、体調不良が続いております。
が、病気ではなく、30代初めての妊娠中のつわり!といっても、4人目。
身体張ってます笑


3人は20代で生み終えました^^
生み終わりましたなんて簡単に言うけど、実は秘話がありまして…ね。

旦那さんもわたしも、2人兄弟(姉・弟、兄弟構成も年齢差も同じ)

で、結婚した当初
「3人兄弟て、周りになかなかいなかったよねー!未知だけど、めっちゃたのしいそうだよねー!」

という、単純な理由から、「こどもは3人」授かりたいに決めました。

今のわたしからしたら、
「やー将来設計ちゃんとしたの?
教育費いくらかかるか知ってるの?
フィナンシャルプランナーさんとかに、相談してみた?」です。

…単純に若かった。
ノリでなんとか、なるでしょという感じ?(なんとなかるでしょ、も考えてなかったな)

そんな感じで始まった新婚生活。あっという間に1人授かり、 2人授かり…

て、子育ては、そんなに甘くなかったーーーー!

20代前半のわたしは、やりたいことが爆発!

「お風呂ゆっくり入りたい!」
「好きなもの食べたい!」
「好きな洋服着たい!」
「CAFE行きたい!」
「映画見たい!」
「同期とコンパ行きたい!」
「飲みに行きたい!」

したい!したい!したい!のオンパレード。

旦那さんに
「どーして、わたしだけ子育てしなきゃなんだ、同期はまだまだ遊んでいる!」
「どーして、あなたは仕事の後飲み入ったりできるのに、わたしは授乳して、寝落ちして、
家事も、こどもとの遊びもめいっぱいしてるのに、、、、(泣)」

そうやって、イライラを彼にぶつけて発散してました。


わたしは、保育士でもなんでもない、ただのオトナに毛が生えたような女子から一転、お母さんになった。
身近に小さい子もいなければ、子どもが好きか嫌いか、なんて考えたこともない、

こどものことなんか、なんの知識もない20代前半の女子。

そんなわたしには、

子どもが生まれたら、腹くくって関われ”てことが、出来てなかった。

自分のイライラを「こどもと旦那さんのせいにしていた」
わたし軸でしか、物事を見てなかった。

それに気づいてからというもの、腹くくってこどもと関わってみた。
そして、思ったことは、「子育ては体力勝負!!」

2人産んで、毎日二人をダッシュで追いかけて、一緒に遊んでいたからこそ、感じたこと。

そして、長女が2歳になった時
旦那さんに「わたし、腹くくって子育てするから、20代で子ども産み終わりたい!!」と断言しました笑

 

これが我が家が20代で生み終えました秘話。
産んだ後のことも考えて、20代で生み終えても子育ては30代も続くを逆算!

腹くくって、子育てした20代があるからいえることは、

こどもの成長を見ていると、”小さい時に関わったもん勝ち!”と切実に感じる

幼少期まで、しっかり関わるほど、年齢が上がるにつれて、絶対に楽になる!

今、スマホやiPad、TV、など大人も子供もメディア漬。
大人はもう、成長しきったから、どうなろうが自分次第だと思います。

でも、子どもの脳は、これから作られるんです。

確かに、忙しい時、どーしても、頼らざるを得ない状況もあるかと思います。

でも、メリットがあるなら、デメリットもあること。
両方の側面から見て、本当に子どもの育ちに必要なのか考えながら、上手く取り入れていくことが
子育てしていくのに、心配の種を増やさないかなと思います。


結局、小さい時に関わらないければ、大きくなって、
もっともっともっと、大きな手遅れな問題になって

親である、わたしたちが大変になる。

でも、、、と迷うことがあったら
今、幼い時の大変さと、年齢があがっての大変さ(不登校、いじめ、チック、メンタルetc…)比較してみてくださいね^^

参考文献あげておくので、是非読んでみてください♪


日本の子どもたちは、諸外国から揶揄されているほど、「メディア漬」なんです。

日本小児科学会
親のかかわりがなく、一方的なTVなどの視聴により発達障害が進んでいることご存知ですか?

「生活習慣」で問題になるのは,夜更かしとメディア漬けである

米国小児学会
2歳未満の乳幼児にとって悪影響を持つ可能性があり、よい影響は報告されていない

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー