BLOG

冬の旬、蓮根をたっぷり摂ろう!身体の内側から風邪対策を。

こんにちは。料理研究家/クレイセラピスト 四十万つばさです。

 

2021年は11月22日に小雪を迎えます。

 

冷え込みが厳しく、乾燥が進むタイミングで

 ●口や喉が乾燥する
 ●咳が出やすい

 ●便がコロコロして硬い
 ●喘息になりやすい

こんなトラブルでお困りではありませんか?

 

そんな方は、小雪を目安に、

身体の中から「乾燥対策」ができる食材を、意識的に摂ることがおススメです。

 

昔から、東洋医学では、

万物を陰と陽に分けて捉える「陰陽論」という考え方があります。

陽は、明るく、温かく、新陳代謝が活発、活動的な人は陽の傾向。

陰は、冷えて、暗く、新陳代謝が低下、物静かな人な陰の傾向。

一日だと、朝・昼が陽性、夕・夜が陰性。

一年だと、春・夏・が陽性、秋・冬が陰性。

陰と陽のバランスで、健康状態が保たれると言われています。

 

このブログでは、

  ●「咳」「鼻水」の時にオススメの食材

  ●乾燥する季節に役立つ薬膳スープ

 

についてご紹介します。

このブログが、みなさまにお役立ていただけますように!

あなたの咳と鼻水は、2種類のうちどちら?

雪 冬 風邪 - Pixabayの無料写真

【咳】
◎急性の咳(引き始め~3週間で終わる)
風邪、急性肺炎、気管支喘息など

◎慢性の咳(引き始め~2か月以上続くもの)
咳喘息、副鼻腔気管支症候群など

 

【鼻水】
◎さらさら、水っぽい
アレルギー性鼻炎(花粉、ハウスダストなど)
風邪の症状

◎ねばねば、黄色っぽい
風邪進行中、蓄膿症(副鼻腔炎)

 

あなたの風邪は、


軽めの咳ですか?長引く咳ですか?」

「さらさら、水っぽい鼻水ですか?ねばねば、黄色っぽい鼻水ですか?」

 

ここからは、咳、鼻水対策に必要な「蓮根」の活用法を、お伝えします。

蓮根の栄養素と特徴

・主はでんぷん質(糖質)

・食物繊維、ビタミンCが豊富
(ビタミンCは熱に弱い。蓮根は、でんぷんが多いので加熱しても相当32量のビタミンCが残る。)

・ポリフェノールの一種タンニン含有

・蓮根の節は、とっても咳や気管支炎によく効くもの。

 

れんこんの切り口の変色が早いのは、タンニンの成分。
タンニンは、消炎、止血作用があり、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の症状を改善し、血圧の調整もしてくれます。鼻血や咳、喘息の発作止めなどにも

 

 

咳や気管支炎対策にテキメン!蓮根の薬膳スープ3種

ここからは、咳や鼻水などに備えて

特にお役ちな薬膳スープを3種類ご紹介します。

 

①蓮根湯(咳・痰、のどの痛み、気管支炎、喘息などに)

【材料1回分】
・蓮根すりおろし汁 大さじ3
・生姜汁      2,3滴
・自然塩      少々
・水        大さじ6~9

 

【作り方・飲み方】

①蓮根を皮ごとすりおろします。

②すりおろした蓮根をガーゼに入れて、絞り出します。

③鍋に、蓮根のすりおろし汁、生姜汁、塩を入れて加熱。沸騰直前になったら火を止める。

④容器に注いで、温かいうちに飲む

 

 

②蓮根汁(激しい咳・呼吸器系の症状に)

【材料1回分】
・蓮根すりおろし汁 大さじ3
・生姜汁      小さじ1
・自然塩      少々

 

【作り方・飲み方】

①蓮根、生姜をそれぞれ、皮ごとすりおろします。

②すりおろした蓮根と生姜をガーゼに入れて、絞り出します。

③小さめの容器に移す。箸の先に、ちょんとつく量の塩を入れて、混ぜる。

④生のまま飲み干す。

 

 

③蓮根スープ(長引く咳・気管支炎などに)

【材料1人分】
・大根 20g
・ドライ蓮根の節      2,3枚
・干し椎茸   1個
・醤油   大さじ1~(お好みで調節)
・水     200㎖

※蓮根の節は、特に「タンニン」が多く含まれています。
タンニンは、消炎、止血作用があり、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の症状を改善し、血圧の調整も。
鼻血や咳、喘息の発作止めなどにも有効です。

【作り方・飲み方】

節のついてる蓮根を購入しておく。節だけ、スライスして乾燥させる。(カラカラになるまでが目安・保存がきく)

②大根は千切り、生姜はすりおろす。


③鍋に、②と乾燥蓮根の節、干し椎茸も同時に入れて、沸騰直前まで加熱する。

④干し椎茸の色が出て、乾燥蓮根節が大きくなったら火を止める。醤油、生姜汁を加えて、熱々のうちに飲み干す。

 

以上のように、
蓮根スープ3種類を、覚えておいてください。

 

風邪引いてから行うよりも

元気な時に、一度作って味見をしてみてください。

1度やっておくと、必要な時に慌てずに済みますよね!

美味しい蓮根の選びの5つのポイント&保存方法

【美味しい蓮根選びの5つのポイント】

・穴の黒ずんでない

・乾燥していない

・きれいな丸みを帯びた形

・なるべく真っ直ぐなもの

・ふっくらしていて太いもの

以上が

甘くて美味しい蓮根の特徴です。

 

スーパーでは、カットして売ってあるものも多いです。5つのポイントに注意して、美味しい蓮根を手にしてください。

ちなみに、

蓮根の水煮は、漂白されているものも多く出回っています。

炊き込みご飯の素など加工品を選ぶ際には、国産のものをおススメします。

 

【蓮根の保存方法】

空気に触れないように冷蔵庫で保存が鉄則です!

両側に節があり、穴に空気が触れない状態であれば、

新聞紙を濡らしてビニール袋に入れて保管します。

すでに切って売られているものは、

穴に空気が触れ劣化が進みます。

ラップでしっかり包んで保管します。

まとめ

予防医学では、

「病気にかからないように予防する」という考え方があります。

病気にかかってから治すのではなく、

病気になりにくい身体つくりをして、健康を保つこと。

 

そのためにも、

食事を作る際には健康的にかつ、元気でいられるように、

食材の効果を知って選んでいきましょう。

 

これから本格的に冬を迎えるので、

今のうちに、食養生をしっかり心がけることが重要です。

風邪を引きやすい方・咳や痰がでやすい方には…

◎自分の咳や鼻水タイプを見極める
◎良質な蓮根を選ぶ
◎蓮根で作る薬膳スープを、作って飲む
◎蓮根を使ったお料理を、たくさん作る

 

これらを元に、

日々の体調管理をすることが、とても役に立ちます。

今回お伝えした「蓮根の特徴」を知って、

身体の中からコンデションを整えてください。

 

ぜひ、他のブログの情報もお役立てください^^

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー