BLOG

長友佑都選手専属シェフ 加藤超也さんのトークイベント

 

 

「いつかお会いしたい人」のTOP10に入っていた、
サッカー日本代表 長友佑都選手専属シェフ 加藤超也さんのトークイベント@「THE CORE KITCHEN / SPACE」お誘いいただき、出席させていただきました!

私が、加藤シェフの存在を知ったきっかけ。

我が家の長男は、サッカーをしています。
代表戦は欠かさず見ており、彼が長友佑都選手や、香川真司選手を憧れていました。(もともと、サッカーより、高校野球派のわたしは、サッカー興味なし)

本気で長男がサッカーを始めて、チームに所属したのが小学校三年生。
練習や試合を見に行くたびに、ハードなスポーツだと実感し、「これは、練習後のも、試合に向けての食事管理も、かなり重要だよね」と思いました。

 

「…でも、普段のごはん、どうしたらいい?」「運動後30分以内に、たんぱく質摂取すればいいの?」
食事管理と言っても、具体的に、どうしていけばいいのかは、わからないことだらけ。

そんな時に、立ち寄った本屋で見つけたのが、長友佑都選手著長友佑都の”食事革命”の本でした。(今や愛読書!笑)

その中で、加藤シェフとのアレコレが書いてありました。これが、わたしが加藤シェフの存在を知った理由です。
そして本を読み終えての感想は、「いつか加藤シェフに、お会いしてみたい!」でした。(長男がサッカーをしてなかったら、知ってても加藤シェフに興味がなかったかも)

加藤シェフのイベントレポート

 

出逢いのきっかけは?

そもそもの、加藤さんと長友佑都選手の出逢いのきっかけは、
加藤さんが長友佑都選手に、メールを送ったことから始まったそうです。

そして、そのメールの内容は、
「多くの人に、食が大切だということを、知ってもらいたい、届けたい、発信したい」

だからこそ、
「長友佑都選手の専属シェフになり、二人三脚で伝いえていきたい」と伝えたそうです。

その出逢いから始まったのが、長友佑都選手の食事トレーニング!

 

加藤シェフが大事にしていることは、「予防医学」

 

予防医学とは?
その名の通り「病気になる前に予防する」ことを目的とした治療のこと。つまりは、健康な体を維持すること。

加藤シェフは、

「1人でも多くの人に、食事の大事さを感じてもらいたい。

その為には、薬に頼るということではなく、日々の食事から見直すことによって
例えば、病気にかからなかったり、アスリートであれば、日々のコンディションが整えられたり、というそんなことが当たり前になる世の中を作っていきたい。」

そうおっしゃっておりました。

こういったこともあり、北里大学北里研究所病院の山田悟医師 から、科学的アドバイスをいただきながら、長友佑都選手の状況共有をして、
医学的根拠を基に食事サポートをしているという、徹底管理をしているということ。

 

加藤シェフがポートする前の3年間、長友佑都選手は、脱臼、特に筋肉系の怪我が非常に多く、1年間に離脱を余儀なくされていた状況でした。

その時の、食事は
1か月分お取り寄せしてまで、小麦パン、クッキーなど甘いものが大好きで、気にせず好きなだけ食べていた状況だったそうです。

 

加藤シェフの実際に、行っている食事トレーニングとは?

簡単に言うと、
怪我のリスクを軽減し、選手寿命を延ばす食事をすること。

実際に、長友佑都選手と加藤シェフが行っている食事トレーニングは、以下のようなことでした。

1、徹底した数値管理
(長友佑都選手が、何を食べたか、どのくらいの量を食べたか、塩の量、野菜の量、調味料の量 etc)

実際に、長友佑都選手のパフォーマンスがどのように、変化していくかを発信するためには、この管理の仕方が必要だったとのこと。

2、PFCバランスと栄養素計算(P:たんぱく質 F:脂質 C:糖質)

3、医学的根拠を基に食事サポートを実践

  ①血糖値をコントロールした長友専用料理の考案
  ②徹底管理された数値データをレシピ
  ③医学的エビデンスを根拠にした食事(山田悟医師からの、科学的アドバイスを基に)

つばさ
つばさ
加藤シェフは、
「一般の人は、ここまでする必要はないです」と、笑いながらお話ししていたのが印象的でした。


上の三点を具体的に、どのように取り組んできたのか、まとめてみます。

1、徹底した数値管理

体例1:定期的にパーソナルチェックをする

パーソナルチェックとは?
食物アレルギー検査のことです。

長友佑都選手は、
パーソナルエビデンス(食物アレルギー検査220品目)と、
腸内環境キットを使用し、定期的に腸内環境をチェックしています。

「身体の人それぞれ違うものだから、長友佑都選手に合う食事でも、他の選手に合うとは限らない」

その結果、長友佑都選手は、2年間怪我ないとのこと。(”肺気胸含めた外的要因に伴う怪我を除く)

 

スポーツをする上で、「怪我は、合って当たり前」と思いがちですが、
このように食事を整えることで、怪我がこれほどめで減少するということは、やったらやっただけの効果が見込める!ということですね。

2、PFCバランスと栄養素計算(P:たんぱく質 F:脂質 C:糖質)

具体例2:ファットアダプト食事法〈たんぱく質(P)3:脂質(F)4:糖質(C)3〉

脂質をエネルギーにする食事法のこと。(スポーツ栄養学の三大栄養素の考え方と、全く違う)

 

脂質と聞くと、「マーガリンや、バター」などを、思い浮かべがちですが…
そうではなくて、動物性たんぱく質や、良質なオイルを用いて、エネルギーを確保するということ食事法。

こちらの食事法の具体的な内容や特化した理論などは、現在準備中とのことで、近日順次発表されるそうです!

つばさ
つばさ
アスリート男子を育てる母として、今すぐ知りたい!

そこで、家庭でも出来る、日常生活にも使える実践編を、教えて下さいました!

ファットアダプト食事法〈実践編〉

 

ここからは、今からでもすぐに実践出来る食材の取り入れ方や、食べ方などご紹介します。

1、必須脂肪酸を意識して摂ろう!

加藤シェフも、長友佑都選手も、必須脂肪酸の重要性をご存知で、意識して取り入れているそうです。

必須脂肪酸とは?
人間の体に必要不可欠なもの。(必須脂肪酸は体内で作れない絶対必要な脂質、以下の図参照)

「必須脂肪酸」の画像検索結果

つばさ
つばさ
長友佑都選手も、必須脂肪酸を特に意識して取り入れていることで、怪我が減ったことを体感されているとのこと!

上の図にもある通り、オメガ3を含む食材である「魚」は、日本は特に豊かで、とても新鮮なものが手に入るので摂らない手はない!とおっしゃっていました。
(海外では、手に入らない魚もあるから、加藤シェフも毎日、その日使う鮮魚など買い出しに行くそうです。)

 

例えば、
「魚」だと、シラス、アジ、イワシ、サバ、マグロ、カツオ、サーモンetc

「オイル」だと、アマ科 亜麻仁油 シソ科 えごま油etc

 

つばさ
つばさ
長友佑都選手は、亜麻仁油、えごま油、ごま油、オリーブオイルを取り入れているそうです。

 

2、アスリートメリット

1、必須脂肪酸を取り入れることで、血流の改善効果が見られる

↓ その結果、血流改善により酸素の供給がスムーズになる

2、持久力の向上が見られる

3、炎症物質の抑制

以下の図にもある通り、必須脂肪酸である、オメガ3を積極的に取り入れることで、
スポーツをした後の炎症の回復も、すごく大きいのですよね。

「スポーツ 炎症物質」の画像検索結果

実際に、2018ワールドカップロシア大会での長友佑都選手の総走行距離は、、、

総走行距離 
1位 長友佑都 43.59㎞
2位 柴崎岳  39.95㎞
3位 吉田麻也 34.13㎞
4位 大迫勇也 33.13㎞
5位 長谷部誠 32.45㎞

つばさ
つばさ
長友佑都選手のたんぱく質の肉と魚の比率は、4:6。お魚を多く摂っています。

 

 

加藤シェフのレシピ紹介

講演後は
加藤シェフが、長友佑都選手に提供しているお料理の内容が気になるところ!実際に、試食させていただきました。

メニューはこの3つ。レシピは、ご覧いただけたらと思います。

・しらすと彩り野菜のサラダ
・イカと紫キャベツとくるみのソテー
・サバカレーライス 

 

レシピは見ればわかるけど、私の場合食材以外の調味料は、どんなものを使用したらいいのか?と疑問に思うのです。

私が普段使用しているもの一汁三菜レッスンで使用しているものを参考に載せておきます。

 

<レシピで使用されている調味料>
醤油、味噌、ホワイトバルサミコ、ピーナッツバター、魚醤、ラカント、ごま油、豆乳です。

 

 

↓丸中醤油

 

↓アリサン ピーナッツバタースムース 454g

↓アリサン ピーナッツバタークランチ 454g

↓三育フーズ ピーナッツバター 150g

↓ホールアース 100%ピーナッツバタースムース 227g

↓飯尾醸造 富士酢

 

↓村山造酢株式会社 千鳥酢

↓佐藤水産 魚醤 500㎖

まとめ

加藤シェフが冒頭にもお話ししてくださった言葉。

「1人でも多くの人に、食事の大事さを感じてもらいたい。

その為には、薬に頼るということではなく、日々の食事から見直すことによって

例えば、病気にかからなかったり、アスリートであれば、日々のコンディションが整えられたり、というそんなことが当たり前になる世の中を作っていきたい。」

これは、アスリートでなくても、一般の方々にも是非考えてらいたいと、心から思います。
自分の身体を生かすのも殺すのも、自分次第だと。

私は、11歳、8歳、5歳、5か月、という未来を生きていくこどもを育てる母であり、
彼らにできることと言ったら、今後の体力や身体のメンテナンスを食事からトレーニングできることくらいしか、出来ないと痛感する毎日です。

長男の産後、私自身のアトピーが悪化したときには、厳格に「肉、魚、白米、小麦、砂糖」を一切口にしませんでした。これらが、私の身体にとって、消化しずらいもの、今まで取り過ぎていたものだったからです。
この時食べていたのが、いわゆるホールフードと言われるもの。お米だったら玄米。動物性たんぱく質の代わりには、テンペなどの植物性たんぱく質。

そんな時を経て思うのが”いいものも、食べ過ぎや食べ方によっては、害がある。”

私の行う一汁三菜レッスンで、お話しすることですが、家族といえど、おひとりおひとりで、合うもの/合わないものがあると思うのです。

だから、ご自身、ご主人、お子さん…etc  多世代でお住まいの方ほど、日々のごはんの好き嫌いは、無理強いしない。

(私も玄米絶対!時代があったけど、噛めないこどもに消化するのは難しいし、体質、細胞単位で合う/合わないが、ある)

実は、長友佑都選手も、玄米は苦手だそうで、加藤シェフも毎回提供するわけではないそうです。

 

まずは、知る。それから、どのようにしていくかを選ぶ。
そして、選んでいく目を養っていく。

ということが、これからの時代には求められる生き方ではないかと思います!

食事を変えると身体が変わる!とよく聞くフレーズかもしれません。
でも、実際はやらない人がほとんどで、体調を崩してから、病気になってから、「見直す」方が多いのも現状だと思います。
人生80年、と言われる時代は終わり、人生100年と言われるようになっている現代で、「今」変わらなければ、いつ変わりますか?

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー