BLOG

美肌と免疫力アップ効果もあり!ほったらかしてできる、簡単ナチュラルケア♪

今年の冬もみかん食べましたか?みんな食べたら捨ててしまいますか??
わたしは、毎年たくさん食べて干して陳皮として使っています^^

◆陳皮とは?◆
みかんの皮を乾燥させたものです。
漢方の材料として使われており、中国では風邪薬として古くから用いられていたものです。
おうちでできる陳皮の作り方と活用法をご紹介します。

image

陳皮の作り方と4つの使い方

~作り方~
1、みかんの皮が無農薬無肥料のもの以外は、
ワックスや農薬を落とすために、しっかり洗ってからみかんを食べる。

2、ベランダなどの日があたる場所でざるに入れて天日干しにする。
カラカラになるまで最低一週間干す。皮は刻んで使いやすいサイズにする。

3、すぐに使わなくてもOKなら、さらに干しておく。

4、薬味やお茶で使うときはミキサーで粉状にする。
(写真のようになります)保存はガラス瓶で、湿気を吸いやすいので気を付ける次に使い方です。

~使い方~
1.陳皮×塩=入浴剤

乾かした皮を(お好み量)ハンカチや綿の袋などに入れてお湯を入れた浴槽に浮かべる。
完全に乾いた皮でなくてもOK!
湯冷めもしにくく、腰痛・疲労回復の効果も期待大!
まだ夕方から夜は冷えるので風呂にいれて、入るだけで美肌にしていきましょ!

2、陳皮茶
いつものお茶を沸かすときに、寒い時は、一緒に陳皮を入れて沸かしています♪
身体の中から、ポカポカして血流改善も期待できます。

3、お味噌汁のお薬味。煮物や普段のお料理の風味付けに。
粉末状にしておくと、どんなときにもさっと加えられるので便利です♪
わたしは、すり鉢で使いたい分+αを擦って細かくしています。

4、夏場の虫よけ(美肌も免疫力アップも関係ないですが)
みかんの皮は、虫さんが嫌いな香りです。
我が家は、キャンプやBBQの際には持参し、薪の中に一緒に入れたり、椅子の下に蚊取り線香のように使用したりもしています。
image

わたしは、陳皮と粒状の自然塩で保存して、サラダの味付けに使ったりもしていますよ。
買わなくともできるほったらかしてレシピ 失敗もないから大丈夫です。
まだみかんが手元に残っている方は、是非少量でもお試しください^^

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー