BLOG

ガイアの夜明けにも出演した 食育日本料理家梛木春幸さんから学ぶ 美味しく簡単な昆布かつお節出汁の取り方

 

 

こんにちは。料理研究家/クレイセラピスト 四十万つばさです。

 

つばさ
つばさ
このブログでは、
【開催報告】食育日本料理家 梛木春幸先生の大人の食育講座にて教えてもらった、
お出汁の取り方についてプロから学んだお出汁を3種類ご紹介します。

 

いりこ出汁

作りやすい分量
升(1.8リットル)の水に対して

<材料>

・いりこ 30~40g

・お酒  90㏄

 

<作り方>
①鍋に水と入れて、強火の火にかける。

②沸騰したら弱火で20分

③20分後に完成です。

 

※いりこの頭について。

山手で育った方は、魚臭いのが苦手な方が多いため、頭、腹を取る。

海手で育った方は、海の香りが好きな方が多いので、頭、腹はつけたままで。

 

つばさ
つばさ
味噌汁、煮物には、2番出汁が美味しいそうです!

かつお節と昆布の2番出汁

作りやすい分量
升(1.8リットル)の水に対して

<材料>

・出汁こぶ 20g

・かつお節50g

<作り方>

①昆布とかつお節を両方、鍋に入れる

②沸騰直前(85度)になったら、弱火にして20分

 

つばさ
つばさ
プロは、お吸い物には1出汁を使います!

 

かつお節と昆布の1番出汁

作りやすい分量
升(1.8リットル)の水に対して

<材料>

・出汁こぶ 20g

・かつお節50g

 

<作り方>
①お鍋に水と昆布を入れる

②沸騰直前(85度)になったら、火を止めて、昆布を引き上げる

③かつお節をそのまま入れる

④騰直前(85度)になったら、火を止めて、かつお節を濾す

 

 

 

1週間お出汁を持たせる方法

①お好みで各お出汁を摂る

②冷蔵庫にいれて3日ほど

③3日たったら、鍋で沸騰させる

④ ②、③を繰り返して1週間持たせます

 

 

 

かつお節と昆布で出汁を取るメリット

①ダイエット (満腹感を持続させ食べ過ぎを防ぐ)

②精神を安定させる

③集中力が高まって、成績があがった

など
お出汁のメリットは、まだまだたくさんありそうです。

 

 

つばさ
つばさ
昆布やかつお節のメーカーなどのおススメあるのかな?

 

おすすめの昆布、かつお節

実は、現在日本で販売されている商品の数は、

昆布 450種類

かつお節 420種類!

ということで、おすすめは「一番身近に手に入りやすいもの」で十分だそうです。

それに加えて、さらには、水道水か天然水でも、出汁の浸透の仕方が変わるようです。

今回のブログの「だしの取り方」は、水道水バージョンです。

つまり、
梛木春幸先生の計らいで、「無理しないで出来ることから少しずつ」行えるようにとうことでした。

 

しかし、

忙しくて、出汁を取ってる時間がない!という方もいるでしょう。

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー