BLOG

【お客様の声】産後ケアの足裏パッククレイセラピー

妊娠中、下肢静脈瘤があった方いませんか?

モニターのお客さまも、そのおひとり。今回4人目の産後ママでした。

2人目は、妊娠後期から。3人目は、妊娠中期から。4人目は、妊娠初期から静脈瘤がでてきたそうです。
妊娠している年齢も違うし、何よりこどもの数が増えるほど、
自分のことに気を使える時間が減っていくから、それだけ身体には負担になっているという証拠。(いやーほんと、1人目って妊娠中楽チンだったなー笑)

下肢静脈瘤って、どんなもの?


こちらは、モニターさんの彼女からひどい時のお写真をお借りしたもの。あまりにもひどくて、ぼかしているそうです。

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は、足の静脈の逆流をとめる静脈弁が機能しなくなり血液が逆流し、足の静脈内に血液がたまってしまいます。
その影響で静脈が拡大して皮膚の表面にボコボコと浮かびあがってしまったり、血管がクモの巣状に浮かびあがってしまう病気です。出典元:ナオール(下肢静脈瘤参考サイトhttp://www.1day-surgery.com/naall/case13/)

実は、わたしも3人目の後期に体験しました。はじめは、どこかにぶつけたかな?という程度のあざ。
でも、時間が経っても消えないし、どんどん色が濃くなるばかり。そこで初めて、”下肢静脈瘤”という存在を知りました!

マタニティヨガもしていたし、お風呂もゆったりつかったり、
オイルたっぷり使い、ふくらはぎマッサージなど、セルフケア
していました。

あとは、1月予定日で寒さで血流の動きが鈍くなるのも影響していたのかなと、今なら思います。

モニターさんの場合は、とてもとても痛くて弾性の靴下なしでは、生活できないほどだったそうです。
でも安心してください。産後しばらくすると、ウソのように消えます。
それだけ、妊婦さんは身体張ってるベビーを守ってるということですよね。

足裏デトックスパックのきっかけ

√産後2か月でとても疲れやすく
√下肢静脈瘤がまだ残っている
√授乳で身体全体のだるさがある

上記の理由で、今回のモニターさんに応募してくださいました。(ありがとうございます^^)

以前、クレイの体験会でハンドパックを行ったときにもお越し下さり、
その時にとても気持ちよくてしっとりした。というご経験もあり、足裏でやってみるとどうなるのかな?と思って下さったそうです。

足裏デトックスパックのご感想

妊娠中にできた下肢静脈瘤が残っていたのですが、パック後は心臓に近い方に少し上がっていてびっくりしました!
続けていくことで、滞っていたものが流れていくことを感じ、またやってみたいです!
そして足裏が、こどもや赤ちゃんのように、とても柔らかくなり触れていて気持ちよくなりました。ありがとうございました♡

下のお写真で、クレイパックによる血流の変化を見てみましょう♪

わかりますか?くるぶしより下にあった、下肢静脈瘤が足首側に移動しています。

決して肢静脈瘤がある患部に塗布していたのではなく、足裏にたっぷりのせました。
クレイは、直接患部に塗布しなくても”浸透圧作用”があり、他の不調にも作用してくれます。(クレイセラピー浸透圧作用参考文献http://www.1day-surgery.com/naall/case13/)

正直、産後間もない方と出逢えるチャンスはなかなかないので、データがなかったのですが
これには、実体験として本当に驚きました。
そして、これはマタニティ期間に、継続してケアすることで、未然に防げるのでは…とムクムク想いが込みあがってきたのは言うまでもありません笑
さ、これは自分が実験台となって実験するしかないですねー!うふふふ♡マタニティ期間の楽しみ方がまた1つ増えました♡

ブログを読んだ感想や質問などがあれば、どうぞ教えてくださいね^^
シェアも大歓迎です♪

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

カテゴリー